3Dは使わないようにしよう!

こんにちは!

エバーパートナーズの上杉です!

 

言葉・コミュニケーションの中で、3Dと言われるものがあります。

 

でも・・・

だって・・・

どうせ・・・

 

の頭文字の「D」を取った3Dです。

 

 

0a2ebd87c870b69096430d2b5233d353_s

 

 

この3Dは使わない方が良い、と言われていますが、

「だって」は言い訳をしているように聞こえるから、

「どうせ」は自分を卑下して自信がないように聞こえるから、

というのが理由です。

 

では、「でも」はどうでしょうか?

 

会話をしていて、相手の話した内容に賛同しても、

「いいね~!でも○○なんだよね~。」

とつい、くせで「でも」をつけてしまう人がいます。

 

全く悪気はないのですが、「でも」がついた返しをされると、

受け入れてもらえていない、という印象を相手が持ってしまうことがあります。

 

言い返している訳ではないのですが、そう取られてしまうこともあるので、

もし相手の言葉に賛同するのであれば、「いいね~!すごいね~!」など、

相手のことを許容して、褒める言葉を使うと良いですね。

 

さらに何かを付け加えたかったり、ちょっと違うんじゃないかと思った時は、

「でも」を使う代わりに、

「いいね~!こうしてみたらもっといいかもね!」

と相手を許容した上で、提案という形で付け加えるのが良いですよ。

 

コミュニケーションって難しい、と思われがちですが、

少し気をつけるだけで全く違った印象に見られたりします。

コツを見つけて、良い癖をつけて会話ができると

あなたの魅力ももっとアップするはずですよ!

 

ではでは~。

 

 

↓↓↓ブログの応援もポチっとお願いします♪↓↓↓

 

 

   

いつもお読みいただき、ありがとうございます!
↓ポチっと応援よろしくお願いします♪↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活成功へ   

関連記事


無料相談のご予約・お問合せはこちらからどうぞ。

コメント

コメントは停止中です。