事実婚をパートナーとして認めるパートナーシップ制度

事実婚をパートナーとして認めるパートナーシップ制度

千葉市が事実婚を「パートナー」として認定

千葉市は事実婚を「パートナー」として認めて証明書を発行する制度を開始するそうです。

そもそもはLGBTの方たちのために制定したパートナーシップ制度でしたが、

事実婚の人たちも公的な証明やパートナーシップ制度が使えず、

同じように困っているということで、

その生きづらさや困難を解消するために制度の見直しをし、

事実婚の人たちも制度が利用できるようになる、とのことです。

 

実際のデータが見つけられなかったのですが、

事実婚のケースは年々増えていると言われています。

 

もしパートナーが先立ってしまったら、

自分以外の家族のことも考えるとなかなか再婚しづらかったり、

相続のことを考えると籍を入れにくい、なんてことも起こるかもしれません。

 

高齢化が進み寿命100歳の時代になったなんて言われたりもしますが、

そうなると長い期間パートナーなしでいることになってしまいます。

そういう人たちにとっては、事実婚は一つの選択肢だし、

そこでパートナーシップ制度がきちんと整備されていれば、

独りで生きる不安を減らすことができます。

 

それに、夫婦別姓がまだ日本では認められていませんが、

事実婚であれば別姓のままでも問題なく、

かつパートナーシップ制度があれば、不便さも少しは減るでしょう。

 

婚活をしている人たちの中でも、

何か事情があって、パートナーが欲しいけれど籍を入れられない、

という方もこれから増えていくのではないかと思います。

 

今回の千葉市の考え、大賛成です。

私たち婚活事業者は男女の入籍を前提とした結婚をサポートする立場ですが、

結婚以外のパートナーシップについても考える時代が近づいているのかもしれません。

 

生き方が多様化している時代ですが、やっぱり人は一人では生きづらいです。

その中でそれぞれがそれぞれに合ったパートナーを見つけられるような、

そんなお手伝いが必要とされていくのかな…

な~んて、ちょっと考えさせられるニュースでした。

 

ではでは~(^▽^)/

 


オススメのパーティー

いつもお読みいただき、ありがとうございます!
↓ポチっと応援よろしくお願いします♪↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活成功へ   

関連記事


無料相談のご予約・お問合せはこちらからどうぞ。
エバーパートナーズ