婚活あるある-LINEの交換後に上手くいかない対処法

婚活あるある-LINEの交換をしてもその後が続かない

連絡先を交換してもなかなかその後が続かない

結婚相談所のドアを叩くアラサー・アラフォーのほとんどの方が、

それ以前に婚活アプリや婚活パーティーへの参加など他のサービスを経験しています。

 

その時の活動がうまく行かなかった理由を聞いてみると、

連絡先を交換してもやり取りが上手にできず実際に会うまで至らなかったり、

会えたとしても2回目につながらず、その内疎遠になってしまった、

というケースがとても多いです。

婚活をしている方であれば、一度は経験があるのではないでしょうか?

 

連絡先の交換は今や携帯の電話番号ではなく、

IDの交換やQRコードを読み込むだけで登録できるLINEが主流ですよね。

一度交換して登録してしまえばチャットのように気軽に連絡を取り合えます。

今回は、LINEを交換したのにその後が続かないケースについて考えてみます。

 

LINEのやり取りがうまく続かない原因は?

文字でのやり取りには限界がある。

ビジネスのコミュニケーションの時でもメールで文字のやり取りをすると

伝えたかったことが正確に伝わらないことがありますよね。

文字テキストだけでは顔が見えず、声も聞こえないので

イントネーションが伝わりづらく想いが伝わりにくくなります。

タイミングやペースが掴みにくい。

またお互いに知り合ったばかりの仲なので、

送ったり読んだりのタイミングや生活のペースなどまだまだ知らないことだらけです。

その段階でやり過ぎると距離が逆に離れてしまうことがあります。

いわゆる既読スルーの問題ですね。

絵文字やスタンプの使い方が違う。

テキストを補完するために絵文字やスタンプの機能があります。

ただこれも使い方を間違えると印象が悪くなってしまうことがあります。

 

例えば…、

絵文字を多用し過ぎる、

スタンプがただのものばかり、

キャラと合わないスタンプを使っている、

きちんと返事が欲しかったのに、スタンプ一つで返事をする、などなど。

 

LINEのやり取りを上手に続けていくには?

やり取りが続かない原因の根本にあるのは「信頼関係が築けていないこと」です。

そのベースができていれば原因のほとんどをカバーすることができます。

ではどうやって信頼関係を築くか、というと…、

それには、「直接会うこと、会って話をすること」です。

 

まず第一になるべく早く会えるようにセッティングを優先します。

好きな食べ物を聞いてお店を探して、デートに誘う!

百聞は一見に如かずではないですが、

たくさんのメッセージのやり取りで信頼関係を作るよりも、

一度会ってしまった方が短時間で大きな効果を上げられます。

 

そして、会った時にLINEのペースやスタンプの好みなど、

2人でルールを決めてやり取りの仕方を話してしまうのが一番良いです。

そうすれば既読スルーになっても気にし過ぎなくなったり、

絵文字やスタンプを送り過ぎて引かれるなんてこともなくなります。

 

そんなのわかってる!会う前だから難しいんだ!と言われちゃいそうですが、

その難しさは婚活アプリや婚活パーティーならではの難しさだったりします。

結婚相談所では出会うセッティングも本人たちではなく相談所側でしますから、

お見合いでまずお会いしてみてからの連絡先交換になりますし、

その後もどうやって連絡を取り合っているか、すぐに会えているかサポートをしていきますから、

鉄は熱いうちに打て!と一緒で連絡先を交換したらすぐに初デート!につなげちゃうのです。

 

婚活のゴールを明確に!

婚活のゴールはLINEを交換することではなく、結婚相手と出会うことですよね。

LINEはツールの一つであって、根本はLINEよりも直接会って話すことが大切です。

 

連絡先を交換してすぐに一度会えば、若干信頼関係の土台が築けます。

その時にLINEのルールも決めておけば、

会えない時間のコミュニケーションも今までよりも円滑になって、

少しずつ信頼関係も気持ちも前に進んで行くはずですよ!

 

ではでは~(^^)/

オススメのパーティー

いつもお読みいただき、ありがとうございます!
↓ポチっと応援よろしくお願いします♪↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活成功へ   

関連記事


無料相談のご予約・お問合せはこちらからどうぞ。
エバーパートナーズ