何でも話し合える関係だからこそ気をつけたい2人のベクトル

何でも話し合える関係だからこそ気をつけたい2人のベクトル

理想の夫婦像は“何でも話し合える夫婦”

会員さんにご入会いただく時にしている質問の一つに

結婚後の理想の夫婦像は?」というものがあります。

その答えの中でよくあるのは、何でも話し合える夫婦、というイメージです。

 

何でも話し合えることって大切です。

どんなに結婚前に上手くいっていて、

僕たちは価値観も近いし、考え方も似てるし、相性もバッチリ!だったとしても、

夫婦として一緒に生活していたらきっと何かしら“違い”は出てくるはずなので、

その違いを話し合えることは2人にとって大きなプラスになります。

 

話し合いができなくて後回しにしていたら、

いずれ大きな歪みになってしまうかもしれません。

そうなる前に2人で腹を割って話ができる関係の方が良いですよね。

何でも話し合えるパートナーと一緒になることは素晴らしいことです。

 

向いているベクトルにご注意

そうは言っても、本来話し合いはできる関係のはずなのに、

何か問題が起きた時に「相手が悪い!」って

お互いを責めてしまうこともあるかもしれません。

でもそれって向いているベクトルが違うから起きてしまうんです。

 

IT業界の人から、こんな話を聞いたことがあります。

 

夫婦間で起きる問題も同様で、「私vsあなた」ではなく、

「課題vs私たち」で話し合わないといけなくて、

相手の中に原因を探して責めるのではなく、

その問題に対して夫婦で立ち向かわないといけないですよね。

お互いを見るのではなく、一緒に同じ方向を向く、というか。

 

人気ドラマの「逃げ恥」の中でも夫婦は共同経営責任者という表現がありました。

まさしく夫婦はなりたい夫婦像・家庭像を実現するために一緒に努力し合う共同経営者です。

 

何でも話し合えるパートナーと出会って普段はお互い向き合ってラブラブに見つめ合って、

問題が起きたら解決に向けて一緒に話し合えたら…もう誰もがうらやむカップルですね♪

 

これを読んでくれたあなたならきっとそうなれますよ♪

な~んてな( ̄∇ ̄*)ゞ