結婚相談所で婚活でセックスはして良いのか?現役カウンセラーがぶっちゃけ語る

premarital_sex

結婚や男女の関係において避けては通れない「セックス」ですが、結婚相談所ではどのようなルールが設けられているのか気になる人も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では結婚相談所で肉体関係を持った場合のルールや、成婚とセックスの関係について徹底解説します!

「結婚相談所の利用を検討しているが、肉体関係を持つとどうなるかのを知りたい」人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

結婚相談所での肉体関係はNG

原則、結婚相談所での肉体関係は禁止されています。

ここでの肉体関係とは、セックス以外にも外泊や同棲も該当するので注意が必要です。

「大人なんだからそこは自由にさせて欲しい」と思う人もいると思いますが、会員さんたちを守るためのルールです。お相手と誠実に向き合い、良質な関係を築いてください。

肉体関係を持つとペナルティが発生する

多くの結婚相談所では、成婚前に肉体関係を持つと何らかのペナルティが発生します。

ペナルティの重さは各結婚相談所によって異なりますが、IBJなど所属連盟で定められている罰金以外にも独自にペナルティを設けている結婚相談所も少なくありません。

ちなみに、肉体関係に関する罰金は決して安い金額でないことが多く、プラスで成婚退会とみなされて強制的に退会になるケースがほとんどです。

また、肉体関係によるペナルティは、誘った側・誘われた側に関係なく双方に適用されます。

結婚相談所での肉体関係が禁止されている理由

では、結婚相談所での肉体関係が禁止されている理由は何なのでしょうか?

肉体関係が禁止されている理由としては、以下の3つが挙げられるでしょう。

  • ヤリモク男性から女性を守るため
  • セックスの後に気持ちが冷めるのを避けるため
  • 成婚へのモチベーションを上げるため

それぞれ具体的に見ていきましょう。

ヤリモク男性から女性を守るため

第一に、結婚相談所はお見合いの質を担保する必要があり、ヤリモク男性から女性を守る義務があります。

したがって、肉体関係に重いペナルティを課している理由は、安易にセックスへ持っていかせないためです。

女性は特に軽い気持ちでのセックスを嫌う傾向にあるので、最初から体の関係が目的の人を入会させないためでもあります。

安心して利用できる結婚相談所にするには必要な義務です。

セックスの後に気持ちが冷めるのを避けるため

2つ目の理由として、セックスの後に気持ちが冷めてしまうのを避けるためです。

一夜だけの関係といったその場の勢いの場合、一度セックスをするとそれまで持っていたお相手への熱い思いが、無くなってしまうこともあります。

一つの達成したい興味が満たされてしまうので、心理的に気持ちの低下が起きてしまうことになり、それまで頑張ってきたお見合いやデートが全て無駄になってしまうことにもつながってしまいます。

成婚へのモチベーションをあげるため

先程の理由に付け加えて、肉体関係が禁じるられているからこそ、「お相手と早く成婚したい!」というモチベーションに繋がります。

なぜなら、肉体関係が禁じられているのは、男性にとっては我慢を強いているのと同じだからです。したがって、その我慢から開放されるためにも、お相手との早急な成婚を目指す原動力になるのではないでしょうか。

このように、肉体関係を禁じている理由は決してネガティブなものばかりではなく、「成婚に向けて頑張って頂きたい」というポジティブな願いも込められているのです。

成婚退会を覚悟の上なら肉体関係はアリ?

ここまで結婚相談所で肉体関係が禁止されている理由を解説しました。

しかし、結婚相談所を利用している方は、良い意味でもう「大人」です。

したがって、いくらルールで禁止されていると言っても、デート中に良い雰囲気になってしまうとルールを破ってしまうこともあるでしょう。

ここまで「成婚前の肉体関係は禁止」と解説しましたが、お互いに成婚する強い意思があり、その相手との結婚を覚悟の上なら成婚前に肉体関係を持っても良いのかなと考えています。そんなこと言うと怒られてしまうかもしれませんが…。

肉体関係の問題がトラブルとして表面化するのはその後に破局となるからです。無事に成婚まで進めば男女どちらにとっても問題のないことですから。

セックスはお互いの愛を確かめ合える

なにより、セックスはお互いの愛を確かめ合えます。

先程「セックスをすると冷めてしまう」と解説しましたが、セックスをすることでお相手の新たな一面に気づけることもあるでしょう。

本当に良好な関係であれば、セックスで冷めるのではなく、セックスを通じてお互いの愛を確かめ合えるはずです。

成婚退会を覚悟の上なら成婚と同義(さらにはお互いに成婚の意思が確認できているなら)

また、お互いに成婚の意思が確認できており、成婚退会も覚悟の上であれば、それは成婚していると同義であります。

したがって、そこまでの覚悟がある方に肉体関係を持つなと言っても少々難しい話です。

お互いに成婚の意思が確認できているのであれば、手続き上の成婚はまだでも、セックスをするのはアリなのではないでしょうか。(ただし、前述した通り、原則禁止となっているので推奨はできません)

まとめ

今回は結婚相談所の肉体関係について解説しました。

まとめると、

  • 成婚前の肉体関係は原則禁止
  • 肉体関係を持ってしまうと、罰金などの重いペナルティが課されることも
  • 肉体関係を禁じている理由は、女性を守るためであり、成婚へのモチベーションを保つためでもある

男女の恋愛において、肉体関係は切っても切り離せません。

成婚前の肉体関係はトラブルに繋がるリスクもあるものの、お互いの愛を確認できる大切な作業でもあります。

しかし、ひとつだけ言えるのは、「安易な気持ちで肉体関係を持たない」ことです。

良識ある大人なのですから、肉体関係と上手に付き合っていきましょう。