褒められた時のリアクションの取り方

前回は、「褒める」ポイントの見つけ方と褒め方のコツ、について書きましたが、

今回はその続き、褒められた時のリアクションの取り方、についてです。

 

褒められた時のリアクションは大きく2つ。

褒めてもらった時、あなたはどんなリアクションを取りますか?

大きく分けると、2つに分けられると思います。

「いやー、そんなことないですよ~。」って謙遜する人もいますよね。

それから、「ホント~?ありがとう!」って喜ぶ人もいます。

あなたのリアクションはどちらでしょうか?

 

謙遜しすぎは逆効果。

日本人は普段から褒められ慣れていない、と言われています。

また性格的に謙虚な部分も多いので、謙遜して返すことが多いように思います。

褒めてくれる人との関係性もありますが、

初対面の時であれば、まだよく知らない人から言われる言葉なので、

つい謙遜して「そんなことないですよ」と答えてしまいがちです。

でもこの謙遜の言葉はあまり好ましくありません。

その会話自体を見ると、謙遜しつつも相手の意見を拒絶してしまっている結果になるからです。

私は良いという意見を持っています。 ⇒ いやー、そんなことないですよ。

あなたの意見には賛同できません、って言っちゃってるのと一緒です。

 

自分が褒めた時のことをイメージしてみれば分かりやすいですが、

素敵ですね! ⇒ いやー、そんなことないですよ。

⇒ いや、ホントに素敵だと思います。 ⇒ いやー、またそんなこと言っちゃって。

⇒ (^^;

水掛け論になっちゃってますよね。

褒めた方もなんだかな~って気持ちになってしまいます。

 

素直に相手の気持ちを受け止める。

では逆に「ありがとうございます。」と受け入れてみるのはどうでしょうか。

褒めた方も自分の意見を受け入れてもらった、という気持ちになりますし、

褒めてもらった方は、褒めてもらった嬉しさが残ります。

 

ただ、自分に自信のある人や、普段から褒めてもらいたいと思っている人は、

リアクションによっては稀に不快感を与えてしまう場合もあります。

ありがとう、と感謝の気持ちを伝えるだけなら良いのですが、

「でしょ~!これって○○でね・・・」と自慢話につながってしまったり、

「ありがとう」と言いながらドヤ顔をしてしまったり。

そうなると褒めた方も変な気分になっちゃいますよね。

 

「そう思ってくれてありがとう」と相手の気持ちを受け止めつつ、

褒めてもらえた嬉しさを表現する時に「謙虚さ」を付け加える。

これが一番良いと思います。

「ありがとうございます。そう言って(思って)いただけて嬉しいです。」

って言うことを表現できれば、褒めた方も褒められた方も両方ハッピーですね!

 

褒め上手、褒められ上手になって恋愛はもちろん、

普段のコミュニケーションにも役立ててくださいね~!

 

ではでは~。

 

↓↓↓今日もポチっと応援ありがとうございます♪↓↓↓

   

いつもお読みいただき、ありがとうございます!
↓ポチっと応援よろしくお願いします♪↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活成功へ   

関連記事


無料相談のご予約・お問合せはこちらからどうぞ。

コメント

コメントは停止中です。